おいたま温泉 賜の湯

おいたま温泉「賜の湯」で毎日の疲れを癒しましょう!

ご利用案内

利用料金

 
  入浴 入浴+休憩 砂風呂(浴衣付)+入浴 砂風呂(浴衣付)+入浴+休憩
大人 300円 600円 1,500円 1,800円
小人 100円 300円 1,100円 1,300円
※小人は9歳までといたします。
※お得な回数券もあります。

営業時間

全 館 AM5:30~PM10:00(最終受付 PM9:30)
砂風呂 AM9:00~PM6:00(最終受付 PM5:30)
定休日 年中無休

備品

  • ボディソープ
  • リンスインシャンプー
  • ドライヤー
  • ベビーベッド(女子脱衣所)
  • タオル(200円)
  • カミソリ(100円)
  • 歯ブラシ(100円)
  • 貸しバスタオルセット(300円)
  • 貸しサウナマット(100円)

ご利用にあたってお願い

  • 入館に際して以下の方の入館をお断りします。
    1. 暴力団ならびにその関係者・刺青のある方
    2. 泥酔されている方
    3. 衛生管理上、成人でおむつをされている方・生理中の方
    4. 伝染性疾患の恐れがある方
    5. その他のお客様にご迷惑になる行為や不快な印象を与えると判断した場合
  • 飲食物の持ち込みはお茶菓子のみとなります。お食事はレストランロハスをご利用ください。
  • サウナを利用する時はバスタオルが必要となります。
  • 貴重品や手荷物はお客様自身で管理してください。敷地内での事故及び盗難、紛失の責任は負いかねます。
  • お子様の混浴は小学2年生以下又は120㎝以下となります。

アクセスマップ

おいたま温泉 賜の湯 【最寄り駅】 JR奥羽本線 置賜駅  ※置賜駅より徒歩8分
【福島方面から車で】
  東北中央自動車道 福島大笹生ICより米沢北IC(無料区間)
  米沢北ICより車で5分
 山形県米沢市大字上新田2300-1
 tel. 0238-37-4126
 【駐車場】 60台

より大きな地図で おいたま温泉賜の湯 を表示
電車でお越しの場合
 東京方面から:山形新幹線「つばさ」にて米沢駅下車。JR奥羽本線に乗り換え次のJR置賜駅下車。
 坂町方面から:JR米坂線にてJR米沢駅下車。奥羽本線に乗り換え次のJR置賜駅下車。
 仙台方面から:東北新幹線にて福島駅下車。山形新幹線「つばさ」またはJR奥羽本線にて米沢駅下車。
        JR奥羽本線山形行に乗り換え次の置賜駅下車。

 ※お急ぎの際は、米沢駅からレンタカーでおいでいただくことをお勧めします。

置賜駅からの道順
 駅を出てまっすぐ進み突き当りを右に曲がります。左曲りのカーブを道なりに進み突き当りを右に曲がります。
 線路を超えY字路にぶつかったら右に曲がります。突き当りを左に曲がると、「賜の湯」の看板が見えてきます。

お車でお越しの場合
 国道13号線を走り、県道237号線を東に曲がります。「紫雲堂」さんが目印です。
 道なりに進み最上川を越えると、右手に「賜の湯」の看板が見えてきます。

周辺情報

高畠ワイン株式会社
 山形県高畠町は、古くから「まほろばの里」(まほろばとは、丘や山に囲まれた住み良い所という意味)と呼ばれ、実り多き豊かな里として知られています。良いワインは良いぶどうからしか造れません。丹精込めて育てられたぶどうを衛生管理の行き届いた環境の中で、愛情と情熱を注ぎ、ワイン造りを行っています。賜の湯の売店でも販売していますので、ぜひご賞味ください。
千眼寺 (センゲンジ)
 上杉家の家臣色部家の菩提寺。毎年12月4日に保呂羽堂にて年越祭が行われ、半裸の氏子衆による餅つきが行われています。
最上川の側で、賜の湯のすぐ近くです。
よねおりかんこうセンター
 山形県高畠町に所在する観光センターです。米沢牛をメインとしたお食事やショッピングがお楽しみいただけます。広い店内では、山形県内のお土産をはじめ、特産品や限定品、春夏秋と季節の野菜・果物の直売も行っています。
亀岡文殊(大聖寺)
 亀岡文殊は、丹後(京都)の切戸の文殊、大和(奈良)の安倍の文殊とともに、日本三文殊の一つとして有名で、学問の神様として知られています。
 大同2年(807年)に、東北地方布教のため、当地を訪れた徳一上人が、五台山に似た山容に心うたれ堂宇を建立したのが文殊堂の始めといわれています。
ページトップへ